ホーム > 東京フィルについて >  指揮者 > チョン・ミン

指揮者プロフィール 詳細情報

チョン・ミン
  • チョン・ミン
  • チョン・ミン
  • チョン・ミン
  • チョン・ミン

アソシエイト コンダクター
チョン・ミン

 ドイツのザーリュブルッヘンに生まれる。幼少の時にフランスに渡り、コントラバスやヴァイオリン、ピアノを習い音楽の基礎を固めた。その後、韓国・ソウルに移り、ソウル国立大学校にてドイツ文学とヴァイオリンを専攻した。

 2007年、韓国・釡山のアロイシウス・オーケストラを指揮してデビュー。このオーケストラとは2010年にカーネギーホール、2012年にはサントリーホールで比類なき大成功を収める。

 日本では九州交響楽団、千葉県少年少女オーケストラ、洗足学園管弦楽団、アクロス・ユース・オーケストラ、多摩ユース・オーケストラ等と共演。

 2013年10月に東京フィルハーモニー交響楽団デビュー。その後、相模原市民会館や新宿文化センターでのベートーヴェン「第九」公演や「題名のない音楽会」のテレビ放映にて共演。2015年4月より、同団のアソシエイト・コンダクターに就任。

韓国では首席指揮者としてDittoフェスティヴァル・オーケストラを率い、また大邱のMBCオーケストラにも登壇している。

 2014年11月、ウィーン室内管弦楽団を指揮しウィーンにデビュー、称賛を浴びる。また2015年8月のイタリア・ボルツァーノ=トレント・ハイドン管弦楽団(イタリア交響楽団)とのイタリア・ツアーや、2016年2月のパドヴァ・ヴェネト管弦楽団とのチャイコフスキー「交響曲第2番」の指揮など、各地で好評を博している。

 チョン・ミンは、韓国国立オペラの招きでラヴェルの「子供と呪文」、プッチーニの「蝶々夫人」を指揮するなど、オペラの分野でも卓越した才能を発揮している。2013年、イタリア・レッチェのボリテアーマ・グレーツ歌劇場でヴェルディの「椿姫」を指揮してヨーロッパでのデビューを大成功させ、公演直後に、次回のヴェルディ「ドン・カルロ」での再登壇が約束されている。2014年5月には「ドン・カルロ」を韓国国立オペラで振り、大好評を博した。

 2015年9月から2016年4月にかけ、ミラノ・スカラ座アカデミー管弦楽団と、子供用にアレンジされたモーツァルト「魔笛」を14公演指揮。若い世代に音楽の素晴らしさを伝えた功績が高く評価されている。

 2016年8月にはロシアの名門、マリインスキー歌劇場に招かれ「蝶々夫人」を指揮、絶賛を博した。

 2018年6月にはイタリアの名門、テアトロ・マッシモでドニゼッティの「愛の妙薬」を指揮した。

 2019年9月にはベトナム国立交響楽団定期公演デビューも予定されている。


 2019年6月にはハイドン管弦楽団との日本ツアーが予定され、チョン・ミンの日本での海外オーケストラとのツアー・デビューとなる。



(2019年1月現在)

公演カレンダー

東京フィルWEBチケットサービス

お電話でのチケットお申し込みは「03-5353-9522」営業時間:10:00~18:00 定休日:土・日・祝

東京フィルフレンズ会員ご入会はこちら

facebook