ホーム > 東京フィルについて >  指揮者 > チョン・ミン

指揮者プロフィール 詳細情報

チョン・ミン
  • チョン・ミン
  • チョン・ミン

アソシエイト コンダクター
チョン・ミン

 現在、最も前途有望な若手指揮者のひとりであるチョン・ミンは、ドイツのザールブリュッケンに生まれる。幼少の時にフランスに渡り、コントラバスやピアノを習い音楽の基礎を固めた。その後、韓国・ソウルに移り、ソウル国立大学校にてドイツ文学とヴァイオリンを専攻した。
2007年、韓国・釜山の児童養護施設につくられたアロイシウス・オーケストラ(古称、ボーイズタウン・シンフォニー)を指揮してデビュー。このオーケストラとは2010年にカーネギーホール、2012年にはサントリーホールで比類なき大成功を収め、今も韓国内のみならず海外へも演奏旅行をしており、国内の最優秀な学生オーケストラのひとつに創り上げた。
このオーケストラとの共演を続ける一方、チョン・ミンは海外でも着実に実績を残している。
日本では九州交響楽団、千葉県少年少女オーケストラ、洗足学園管弦楽団、アクロス・ユースオーケストラ等と共演。2013年10月に東京フィルハーモニー交響楽団デビュー。
一方、韓国では首席指揮者としてDittoフェスティヴァル・オーケストラを率い、また大邱のMBCオーケストラにも登壇している。
チョン・ミンは、韓国国立オペラの招きでラヴェルの「子供と呪文」、プッチーニの「蝶々夫人」を指揮するなど、オペラの分野でも卓越した才能を発揮している。
また2013年、イタリア・レッチェのボリテアーマ・グレーツ歌劇場でヴェルディの「椿姫」を指揮してヨーロッパでのデビューを大成功させ、公演直後に、次回のヴェルディ「ドン・カルロ」での再登壇が約束されている。2014年には「ドン・カルロ」を韓国国立オペラで指揮した。


(2014年5月現在)

公演カレンダー

東京フィルWEBチケットサービス

お電話でのチケットお申し込みは「03-5353-9522」営業時間:10:00~18:00 定休日:土・日・祝

東京フィルフレンズ会員ご入会はこちら

facebook