ホーム > 東京フィルについて >  指揮者 > 大植 英次

プロフィール 詳細情報

大植 英次
  • 大植 英次

指揮
大植 英次

 大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、バルセロナ交響楽団音楽監督、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー名誉指揮者を務める。
 広島生まれ。桐朋学園で齋藤秀雄に師事。78年、小澤征爾の招きによりアメリカ・タングルウッド・ミュージック・センターに学び、同年ニューイングランド音楽院指揮科に入学。タングルウッド音楽祭でレナード・バーンスタインと出会い、以後世界各地の公演に同行、助手を務めた。
 これまでにバッファロー・フィル準指揮者、エリー・フィルハーモニック音楽監督、ミネソタ管弦楽団音楽監督、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー首席指揮者を務め、2000年よりハノーファー音楽大学の終身正教授も務めている。
 2005年、『トリスタンとイゾルテ』で日本人指揮者として初めてバイロイト音楽祭で指揮し、世界の注目を集めた。06年から毎年大阪城西ノ丸庭園での「星空コンサート」や、大阪御堂筋周辺のテンポやショールームなど十数か所で開催する「大阪クラシック」をプロデュース、多くの聴衆を魅了している。
 2006年大阪芸術賞特別賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。07年、第42回大阪市市民表彰受彰。09年ニーダーザクセン州功労勲章・一等功労十字章を受章。

(2010年11月現在)

公演カレンダー

東京フィルWEBチケットサービス

お電話でのチケットお申し込みは「03-5353-9522」営業時間:10:00~18:00 定休日:土・日・祝

東京フィルフレンズ会員ご入会はこちら

facebook